忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/21 15:37 】 |
情報格差を利用してビジネスする
仮に手元に500万円が入ったとしよう。

このお金で何かビジネスをはじようとする。

あなたのは何をするだろうか?

レストランをオープンする?ラーメン屋を開店する?

飲食業は水商売なところがあります。

また、誰でもできるということは、参入障壁が低いので、競争も激しくなります。
ここでは情報格差を利用することを考えます。

情報格差・・・つまり、あなたにあって、他人はないもの。

たとえば、日本では採れないものを輸入して、ネットで日本全国に売ることを考えてみましょう。

トルコ石のターコイズはアメリカや中国では採れますが、日本では採れません。

だから、日本では比較的高く売ることができます。

また、ターコイズは12月の誕生石だけなく、ファッションアイテムとしても人気です。

では、このターコイズを入手するために、アメリカや中国に行くのか?

そんなことしていたら、交通費や時間がかかります。

だから、ネットで仕入れます。

アメリカや中国のサイトにはターコイズをバルクでひとまとめで安価に売っているサイトがあります。

そのサイトで安く購入して、日本全国へ向けて仕入れ値よりも高く販売します。

当然、仕入れ値よりも高く販売できれば、利益がでます。

つまり、知っているか知っていないかという情報格差なんですね、勝負は。

中国やアメリカまでわざわざ行かなくても、ネットで安く仕入れられるという情報を持っているかどうか。

そして、ネットで販売するノウハウを持っているかどうか。

この情報格差を利用することによって、ビジネスを起こせます。

この情報格差が大きいほど、儲かります。





経営者が読んでいるビジネス雑誌 ランキング
PR
【2010/02/10 22:37 】 | ビジネスアイデア
<<前ページ | ホーム |